ブルーベリー情報

剪定は欠かせない

剪定に関する情報

ブルーベリー

剪定は必要

ブルーベリーの育て方ですが、剪定についての情報もあります。剪定はめんどくさい作業だと思われることがありますが、ブルーベリーの剪定時期ですが、欠かせない項目です。剪定を行うことで木の負担を減らすだけでなく、育ちすぎを抑制することができるからです。

夏と冬に行う

剪定の時期ブルーベリーの剪定時期ですが、夏と冬になります。ブルーベリーは夏になると成長が著しくなります。そのため、夏に剪定をしておくことで成長の効果を期待することができます。冬の剪定はブルーベリーが休眠期に入ってから行うので、効果がわかりにくいです。ですが、凍害や雪が原因の枝折れ被害を防ぐことにつながります。

剪定する場所

剪定をする場所ですが、基本的には株と枝、花芽、そして葉芽になります。ですが、ブルーベリーを育てた年数によって対象箇所が異なるので注意が必要になります。そのため、ブルーベリーを育ててどのくらいになるかの把握も必要です。

年数に適した剪定方法

剪定ですが、上記にあるように育てた年数によって異なります。1年~2年は基盤になるところを整えるために、花芽がついている先端を数センチ取り除きます。2~3年目は、大きな果実を実らせるために花芽の大きさと太さを基準に細い花芽を剪定します。最後に3~5年は古い枝と傷ついた枝、そして細い枝を剪定します。

コツと注意

ブルーベリーの剪定も他の樹木と同じように、園芸ハサミで行います。園芸ハサミを購入するのが面倒といって市販のハサミで剪定をするのはやめましょう。木を傷つけるだけでなく、怪我の原因になることがあります。必ず園芸ハサミを使用してください。

広告募集中